SCROLL

ここから、はじまる。

私たちはここで、鉄を鋼(ハガネ)にする。
世の中で使われなくなった鉄スクラップを
1500℃にもなる熱い炉にくべ、
特殊な機材を使用して酸素を吹き込んでいく。
そうして良質な鉄鋼へと昇華させ、鉄筋をつくるのだ。
地震の多いこの国で超高層建築を可能にしたのは、
建物の基礎となる鉄筋コンクリートの耐震性や耐久性が優れているからだ。
私たちがつくりだす鉄筋は、その芯となり、
天高くそびえる建築物を支えている。

東京鉄鋼株式会社 入社案内

建設業界に、革新を。

鉄筋コンクリートの芯となるのは、建築物を真っ直ぐに支える棒鋼と呼ばれる建材。
この棒鋼、建築物が高くなればなるほど、使用する棒鋼の直径が太くなり、棒鋼同士の接合が難しくなっていました。
この問題を解決したのが、当社の生みだした「ネジテツコン」とその専用継手です。
これにより、棒鋼同士を手早く連結できるようになり、職人の技量によらず品質が安定、施工スピードも格段にあがり、業界に大きなインパクトをもたらしました。
たんなる製品の販売ではなく、技術提案をビジネスの核とする私たちは、これからも多様なニーズに応え、業界に革新を起こします。
ぜひあなたも、社会に貢献する東京鉄鋼の一員として、大きく活躍してください。

製鋼課製造技術

木代 英克Kishiro Hidekatsu

2011年入社 25歳 茨城県出身 下館工業高校 建設工学科

鉄くずを鉄鋼へ

鉄鋼製品をつくるまでには、2段階あります。まずは鉄くず――使われなくなった鉄鋼製品や鉄スクラップを、炉で溶かし鋼(ハガネ)の塊にする作業。そしてその鋼(ハガネ)の塊を再び加熱し、鉄筋へと成形する作業です。私は第1 段階を担当するセクション。炉を1500℃ まで加熱して鉄を溶かし、特殊な機材を使用して酸素を吹き込みます。そうして良質な鉄鋼製品を生みだしているんです。

増えていく資格

技術が身につくので楽しいです。そのひとつの形が資格。会社の支援で、私が入社して取得した資格は5つ。フォークリフト、玉掛作業者資格、重機の免許は整地用と解体用の2つを取得。天井クレーンの資格も取りました。これは工場の天井に備え付けられ、大量の鉄スクラップを炉へと移動させるのに使用します。できることが増えていくので、自信にもつながりますね。

決して見捨てない、そんなリーダーに

入社1年目はキツかったです。初めての環境に、夏場なんて暑さでヘバッて全然だめでした。自分でも「ダメな奴って思われるかな」なんて心配したんですけど、先輩たちは見捨てないんです。ずーっと目をかけてくれて。自分もこんな面倒見のいい先輩やリーダーになりたいって思います。今は、少しずつ周りを助けられるようになったのが実感できるようになりました。

3 shifts system

3交替制で1 直・2 直・3 直のシフトがあります。

  • 1直

    AM 07:30
    3交替制で1直は土日の場合のみ。寮住まいなので作業場まで徒歩10分!
    PM 03:30
    1直は明るい時間に退社。交替制なので残業はありません。
  • 2直

    PM 03:30
    2直は夕方から勤務スタート。昼間のんびりできますね。
    PM 11:30
    日付が変わる前に退社。帰宅途中に同じ寮の仲間と晩ごはんに行きます。
  • 3直

    PM 11:30
    3直は夜勤。炉がある熱い職場なので夜は日中よりだいぶ楽ですね。
    AM 07:30
    朝、退社。仕事に慣れてきて元気だとこのまま友だちと遊ぶことも。

バックアップ体制

  • 01

    研修制度

    【新入社員研修】対象:新入社員全員/4月/社内のインストラクターによる約10日間の研修…「社会人としての心得」「会社の基礎知識」
    【新入社員フォローアップ研修】対象:新入社員全員/11月/社内のインストラクターによる2日間の研修。
    【コンプライアンス研修】対象:全社員/7~10月/コンプライアンスハンドブックの周知を目的とした研修。

  • 02

    資格取得支援

    公的資格取得者に対して規定に基づき資格取得報奨金の支給。
    その他、資格取得支援あり。
    ※一部例:フォークリフト、玉掛作業者資格、重機(クレーンなど)免許、天井クレーン、他

  • 03

    福利厚生

    【保養所施設】関東近郊に契約保養所を数ヵ所所有。社員と家族のリフレッシュに活用されています。
    【独身寮】栃木県小山市に独身寮を完備。工場から歩いて5分の好立地。食堂があるので、注文しておくと朝食も用意できます。
    【厚生行事】年1回、部署単位で企画できる行事。(温泉旅行、相撲、寄席、ミュージカル鑑賞会など)

ようこそ、東京鉄鋼へ。

2019年に創業80年を迎えた東京鉄鋼。創業より「鉄」を基盤に、社会を支える製品とサービスの提供を目指してきました。
JIS規格をも上回る高強度鉄筋の開発・製造にも尽力し、建材の安全性や品質の高さはもちろんのこと、技術提案をコアとしたビジネスで建設現場の省力化にも貢献。
こうした当社のビジネスモデルは海外での競争力も期待されており「グローバルニッチトップ企業100選」( 経済産業省)にも選定されました。
「Japanブランド」建材の代表格として、海外進出を進めています。
また、電炉を活用した環境リサイクル事業も主要な柱へと成長するなど、ソリューションを提供する企業として、進化を続けています。
ぜひ、社会を支える当社の一員として活躍してください。

会社概要Company Profile

事業内容 鉄筋コンクリート用棒鋼の製造・販売
継手部材、定着金物、鉄筋加工品、柱脚工法の開発・販売
廃家電・廃自動車・廃プラスチックのリサイクルおよびリサイクル原料の販売
設立 1939年6月23日
資本金 58億3900万円
従業員数 752名(連結 2019年3月31日現在)
沿革
  • 1939年6月
    東京都足立区に東京鉄鋼株式会社を設立、銑鉄及び鋳鉄の製造を開始
  • 1969年3月
    栃木県小山市に小山工場製鋼工場(現・本社工場)を完成
  • 1971年6月
    東京証券取引所の市場第2部に上場
  • 1974年4月
    東京証券取引所の市場第1部に上場
  • 1976年2月
    青森県八戸市に八戸工場製鋼工場を完成
  • 1983年2月
    ネジフシ鉄筋「ネジテツコン」を用いた継手工法について(財)日本建築センターの評定を取得(評定№BC J-C1039)
  • 1989年8月
    一般建設業の許可を取得「栃木県知事許可(般-1)第16576号」
  • 1990年7月
    大阪営業所開設
  • 1991年3月
    栃木県小山市に総合加工センターを完成
  • 1996年5月
    本社工場、八戸工場でISOの品質マネジメントシステムの認証を取得「ISO9 0 02/JISZ9 9 02」
  • 2002年4月
    八戸事業所を分社「東北東京鐵鋼株式会社」営業開始
  • 2003年4月
    名古屋営業所開設
  • 2004年9月
    東北東京鉄鋼株式会社でISOの環境マネジメントシステムの認証を取得「ISO14 0 01/JISQ14 0 01」
  • 2005年9月
    東京鉄鋼株式会社で、ISOの環境マネジメントシステムの認証を取得「ISO14 0 01/JISQ14 0 01」
  • 2007年10月
    福岡営業所開設
  • 2008年7月
    本社工場増強工事完了
  • 2009年4月
    横浜営業所開設
  • 2011年7月
    札幌出張所開設
  • 2012年4月
    中国遼寧省瀋陽市に鉄特凱商貿(瀋陽)有限公司を設立
  • 2013年10月
    韓国ソウル市にティーティーケイ コリア株式会社を設立(現・連結子会社)
  • 2015年4月
    東北東京鉄鋼株式会社を吸収合併
  • 2016年10月
    広島出張所開設
事業所 ◆東京本社/東京都千代田区富士見2-7-2 ステージビルディング10階・11階・12階
◆大阪支店 /大阪府大阪市中央区今橋3-3-13 ニッセイ淀屋橋イースト13階
◆本社工場/栃木県小山市横倉新田520
◆総合加工センター/栃木県小山市横倉1108
◆八戸工場/青森県八戸市河原木海岸4-11
◆名古屋営業所/愛知県名古屋市中区錦3-5-31 ジブラルタ生命名古屋錦ビル3階
◆東北営業所/宮城県仙台市青葉区一番町4-1-1 仙台セントラルビル3階
◆福岡営業所/福岡県福岡市博多区博多駅前1-7-22 第14岡部ビル9階
◆札幌営業所/北海道札幌市中央区北一条西3-3 札幌MNビル10階
◆広島出張所/広島県広島市中区三川町7-7 三川町パーキングビル 11階
子会社・関連会社 ◆トーテツ興運株式会社
◆東京鉄鋼土木株式会社
◆トーテツ産業株式会社
◆トーテツメンテナンス株式会社
◆トーテツ資源株式会社
◆株式会社関東メタル